Golf Course Management ゴルフ場管理事業部

ゴルフ場管理事業部 事業紹介

ゴルフ場コース管理において当社が常に提唱していることは、"いつも一流のコースを管理させていただいているという目線を持って全てにあたること"です。

そのコースの設計者が元来意図していたコース状況を甦らせる或いは維持することを最重要視したコース管理を行います。 更にはプレイにおける戦略性や、ご来場いただいこと自体を喜んでいただける景観づくりについて、向上させるためのご提案、メンテナンス上の努力・工夫を積極的に行います。 ただし、私どもは直営の社員ではありませんので、根本は各ゴルフ場の管理責任者様・経営者様の思想やビジョンを尊重していかなければならないことを十分に理解しております。そのために、各位に積極的なコミュニケーションをとらせていただき、報告・連絡・相談・確認といった基本的ルールの遵守を怠らず、常にゴルフ場様側のご意向を把握した状態でコース管理にあたります。 また、プロとしては当然のことながらタイムリーなコース状況の把握、それに対する定例外の作業であるピンポイントのメンテナンスやコンディション維持作業を欠かせません。 そういった細部の一つ一つの作業が、ご利用されるお客さまから高い評価をいただくことにつながっていくものと信じて丁寧に仕事をし、お客さまとゴルフ場様に喜んでいただき、また私どももそこにやりがいを感じる、winwinwinの形を常に目指しております。それこそが、アウトソーシングという形でゴルフ場コース管理をさせていただく当社の存在意義として、45年間努めております。

クオリティ
取引先ゴルフ場

滋賀作業所(タラオカントリークラブ) 責任者挨拶

滋賀作業所では、タラオカントリークラブの経営戦略に沿ったコースコンディションの維持と向上に全力を傾注してプレーヤーの皆様に最高の環境を提供しています。

また、タラオカントリークラブのより戦略性に富んだコースの改修計画等にも積極的に貢献し、2016年に入り、各ホールのTEEの拡張工事、不要樹木の伐採、松を中心とする樹木の剪定等を進めています。 そして、1日2回の定例ミーティングと月一回の全体ミーティングを実施することで、作業の効率化とスピードアップを図り、ヒヤリハットの推進によって危険個所マップの随時改廃、労働災害の未然防止に努めるなど、従業員の安全管理には万全を期しています。 職場は、5S活動の実践によって、事務所・倉庫・薬剤庫等の整理・整頓・清掃・清潔につとめ、快適に作業しやすい職場環境をつくるとともに、使用する管理機械・車輛の始業前点検・使用後点検を励行、更には月一回すべての機械・車輛の一斉点検を実施するなど、安全対策にも万全を期しています。 安全・安心を確保した中でこそ、健全な精神のもとコース管理が行えますから、今後、より一層安全意識を高め、お客様に喜んでいただけるコース作りに励んでまいります。

滋賀作業所 責任者
取締役部長 奥村 宏明

茨木作業所(茨木カンツリー倶楽部) 責任者挨拶

平素は、茨木カンツリー倶楽部関係各位の皆様には、多大なるお引き立てを賜りまして誠にありがとうございます。
また、当倶楽部をご利用、ご支援いただいております方々には深く御礼申し上げます。

弊社茨木作業所では、約100年の伝統を誇る茨木カンツリー倶楽部のコース管理の一端を担わせていただいており、高い自覚と誇りを以て日々真剣に仕事に取り組んでいます。
名門倶楽部の品質を守る重責を最前線で負われておりますコース管理の統括役である茨木カンツリー倶楽部管理部部長からいただくご指示や打合せに基づく方針の下、弊社各作業員が最高のコースコンディションを目指して、各作業に責任を持って業務にあたっております。

また、より良いコース品質形成のために行われる各種工事(各所排水改善工事、バンカー改造工事など)においても、長年培ってきた高い施工力を生かし、最高品質に仕上げます。そして、改良されたそのコースについてご利用下さるお客様がとても喜んで下さり、そのお喜びの姿を見ると私たち舞台裏の脇役としては、大変なやりがいを感じます。

ゴルフ人口が減少していく昨今、数あるゴルフ場の中では経営困難に陥っているという話をよく耳にします。しかし、ゴルフという品位を守った情熱的なスポーツをもっともっと多くの方に楽しんでいただきたいと強く望んでおります。ですから、我々は持てる力と知識を結集して茨木カンツリー倶楽部様と同じ目線でコース品質のことを考え、可能な限りのサービス提供を行い今以上に素晴らしいコースを創造し、ゴルフ人口増加につながる一助になっていきたいと微力ながら思っております。「阪奈エンタープライズ株式会社でなければこのコース品質を保てない」そういっていただける頼もしい存在になれることを目指し、未来に向かって現在ただ今を不断の努力で仕事をし、最高のアウトソーシング企業となってまいります。

茨木作業所 責任者
取締役部長 北畑 正利

クオリティ

芝生という生き物を相手に、私どもは全身全霊をかけて日々戦っております。
芝生は自分の小さな変化を、私たちコースマンに小さな声で伝えます。その声を頼りに私たちは、気候変動の影響によるものなのか、管理手段に対する反応によるものなのかを考えます。グリーン上で、ジッと静かに考えます。薄明かりが射し始める午前5時、私たちは声を上げる芝生の前で、グリーンに立つコースマンとして、プライドの限りを尽くして診断・改善対応します。
特にモアの切れ味、グラスの葉色・密度・均一性、病虫害、雑草の発生消長、排水の状態、乾燥具合、ホールカップの位置、ボールの転がりあたりは最低限のチェック項目として怠りません。また、ターフコンディションを最高状態に保つためにも、肥料薬剤の施用量とトップドレッシングの材料品質には過敏になります。
私たちの勘とスティンプメーター(グリーンの速さを測る測定器)の示す値が限りなく近づいていくことを喜びとし、経験と知識による総合的な判断力を磨いてまいります。
良質なグリーンは、プレーヤーに誇りを与えます。
メンテナンスの向こうにプレーヤーがいる限り、私たちはパッティングに楽しみを感じていただけるグリーン品質を、妥協なく維持しなければならないと心得ております。


取引先ゴルフ場

タラオカントリークラブ

高原ゴルフが満喫できる関西の名門
西日本随一!計36ホールの壮大なスケールの総合リゾートコース!

総面積500万平方メートルという広大な敷地に趣の異なる東・西コース(36ホール)があり、両コース共7,200ヤードを超える本格的チャンピオンコース。レイアウトはあくまでゆったりとフラットな設計です。 特に東コースはOB杭もほとんど目につかず、豪快なショットが楽しめます。また西コースは対外的な競技に使用される事が多く、ビーチバンカー・二段フェアウエイそして11ホールが池に絡む素晴らしい景観もお楽しみ頂けます。(タラオカントリークラブHPより)


茨木カンツリー倶楽部

都心のオアシスを演出する関西の名門
伝統と信頼ある 大阪初のゴルフ場!

1923年(大正12年)の設立以来、プレーヤーの信頼にお応えし続けることはもちろん、ゴルフ界や地域社会に対する社会貢献活動など様々な取り組みを行っております。 色鮮やかな景観と戦略性に富んだ多彩なコースをご用意しました。
また、四季折々の自然を満喫できるコースとなっております。 (茨木カンツリー倶楽部HPより)